和名・英名
オオセグロカモメ  Slaty-backed Gull
学 名
Larus schistisagus
分 布
主に北海道で繁殖し、少数は本州北部でも繁殖する。冬は南下するが北日本に多く本州中部以南では少ない。
計 測
全長 61cm、嘴峰 53-67mm、翼長 415-450mm、ふ蹠 62-73mm
食 性
雑食性。動物類や鳥類の死体。海鳥類の卵、魚類の死体や臓物などを好む。
卵 数
3〜4個
 卵
オリーブ色、淡青色、灰褐色などの地に暗褐色の粗大な斑紋や線型の斑と、灰鼠色などの斑紋が散在する。
個体数
2008年 1000羽+

巣も卵もウミネコより一回り大きい


増えすぎた食物連鎖の頂点の海鳥

 黒田長久氏は1963年の調査結果として、オオセグロカモメを100羽と推定している。1977年の特定鳥類等調査によると、オオセグロカモメが76羽カウントされている。天売海鳥研究所および綿貫豊氏らによる1985年の調査では繁殖巣数を414巣、1991年が556巣、1996年が1184巣、1999年が1024巣、そして、2000年は660巣としている。2000年になって顕著な減少が見られた。

キタムラサキウニをつついて中の身の一部を食べたあと、とげがあるまま丸呑みした(07.6.9)

ウトウのヒナを巣穴から引きずり出して捕食するオオセグロカモメ。他の海鳥のヒナを好んで食べる

増加の一因に人間活動

 他の海鳥の雛や卵を捕食する凶暴な鳥で、近年驚異的な増加が見られた。天売島の海鳥社会では、もっとも強い食物連鎖のトップに位置し、そのトップが膨れ上がるという異常な構造が出来あがっている。
 増加の原因には、人間の営みが大きく作用しているようだ。生ゴミを放置したり、港の岸壁に売れない魚を放置したりすることで、それがオオセグロカモメやハシブトガラスの格好の餌となり、結果的にそれらの鳥を引き寄せている。

 天売島では4月ごろからテリトリーを持つようになり、5月に産卵、6月に孵化が進み、7月から8月にかけて雛が巣立つが、繁殖スケジュールについては個体差がある。繁殖期より冬期の方が個体数が多く見られるのは、天売島より北方のものが南下してくるためだろう。これらの冬の個体群の中には、シロカモメやワシカモメが普通に混じる。

オオセグロカモメの嘴の先には赤いワンポイントがあるのが特徴だ