和名・英名
ケイマフリ  Spectacled Guillemot
学 名
Cepphus carbo
分 布
我が国では北海道天売島、知床半島、積丹半島などで繁殖し、冬期間は東北地方やそれよりやや南の海上で見られる。
計 測
全長 37cm、嘴峰 39-42mm、翼長 181-202mm、ふ蹠 34-39mm
食 性
イカナゴなどの魚類の他、甲殻類など
卵 数
2個
 卵
灰白色、緑白色などの地に黒の斑紋が散在する。
個体数
2008年 300羽+

画像なし


実態調査が待たれる絶滅危惧種

 ケイマフリは、ハトより一回りぐらい大きい海鳥。夏羽では目の回り、嘴の基部が白い以外は全身が黒い。冬羽は喉から胸、さらに腹にかけての下面が白くなる。足はよく目立つ美しい赤。北日本の海に面した断崖や島で繁殖する。
 和名であるケイマフリは、アイヌ語に由来する。「ケマ・フレ」とは「赤い足」を意味する。北海道では沿岸に普通に見られた種であることを伺わせる。冬になっても足の赤はそう変わらないが、やや鮮やかさが失せる感じだ。
 冬になっても大きな移動はしていないようであり、天売島沿岸でもそう珍しくない。

足の赤が印象的なケイマフリ

口のなかも足と同じ朱色だ

3000羽が10分の1に……

 北海道天売島はケイマフリの代表的な繁殖地で、1963年に3000羽が繁殖していたとされるが1972年には約400羽しか観察されず、その後も減少傾向にある。
 天売島の場合、3月頃になると沿岸に姿を見せるようになり、4月から5月にかけて活発に求愛する。繁殖場所は断崖の岩の裂け目、積み重なった岩のすき間、崩れ落ちた岩石のすき間などである。5月頃に2卵を産むが、育つ雛は1羽であるのが普通だ。 「ピッピッピッピッ・・・」と張りのある澄んだ声で鳴き、このときに開いた口の中の赤が印象的である。

8月初めの島を離れる直前の親子群は50〜100羽にもなる
 繁殖期に天売島沿岸の海上をボートで回ると、たいてい100羽以上が観察できる。7月に雛の巣立ちが始まり、8月中旬頃には繁殖地を離れて沖合に出る。
 ウミバトの夏羽は、全身が黒で翼の雨覆の部分だけ白い。冬羽はケイマフリに類似するが、頭から背にかけて白みを帯びている。我が国には繁殖地がないので、夏羽を見ることはまずない。千島列島やアリューシャン列島などの北太平洋で繁殖するものが、冬鳥としてごく少数北日本の海上に見られるだけである。繁殖などの生態はケイマフリによく似ている。